資料請求 オープンキャンパス
MENU

学校概要

  • 学校概要

校長挨拶

子どもの信頼に応える
保育・幼児教育の
スペシャリストを
育成するため挑戦し続けます。

仙台幼児保育専門学校 校長 伊藤 幸一

仙台幼児保育専門学校
校長
伊藤 幸一

豊かな情操や優れた創造力が、乳幼児の教育環境の中で養われることはよく知られており、幼児保育・教育こそが人格形成の基礎を培う重要なものであります。近年、少子化・核家族化・母親の就業率の増加等、子どもを取り巻く環境の著しい変化は、幼児の発達に様々な影響を及ぼし、このような状況の中で保育・幼児教育の重要性が一層叫ばれ、その充実が求められております。
本校は平成8年4月、3年課程の「幼児保育科」を開設し、短期大学との教育連携を取り入れ、保育・幼児教育の深い理論と高度な保育技術・技能を教授し、情操豊かな自立性・協調性に富む保育士・幼稚園教諭の育成を目指して参りました。平成26年4月には認定こども園法の一部改正に伴い、保育士養成科を従来の保育士資格取得に加えて、幼稚園教諭免許状も取得可能な2年課程「こども保育科」に改編しました。さらに、本学園として平成22年4月には東二番丁幼稚園を開園、平成29年4月からは仙台市の認可を受けた小規模保育事業・みのり保育園を本校敷地内に、富谷市内の富谷・東向陽台・明石台各小学校放課後児童クラブを運営する等、名実ともに子どもの信頼に応える保育・幼児教育のスペシャリストを育成する専門学校として挑戦し続けております。

これから夢多き人生を送る皆さんが、個性と品格にあふれた保育者・幼児教育者をめざして本校で学び、実社会で貢献されるよう期待しております。

沿革

  • 明治 24年4月

    曽根まさ、仙台市木町通25番地において裁縫塾を開設

  • 昭和 21年4月

    曽根裁縫女学園、県より公認指定を受ける

  • 昭和 28年11月

    宮城県知事より学校法人曽根学園の設立が認可される

  • 昭和 51年3月

    専修学校設置基準が定められ、校名を曽根家政専門学校と改称

  • 平成 6年4月

    校名を専門学校曽根きもの文化学院と改称(同校、平成18年8月閉校)

  • 平成 7年12月

    宮城県知事より仙台幼児保育専門学校の設置が認可される

  • 平成 8年4月

    仙台幼児保育専門学校、開校

  • 平成 14年4月

    厚生労働省より保育士養成校としての指定を受ける

  • 平成 16年12月

    三号館落成

  • 平成 17年5月

    創立十周年記念式典挙行

  • 平成 22年4月

    学校法人曽根学園 東二番丁幼稚園開園

  • 平成 22年4月

    保育士養成科開設

  • 平成 26年4月

    保育士養成科をこども保育科と改編

  • 平成 29年2月

    文部科学大臣より職業実践専門課程設置校として認定される

  • 平成 29年4月

    小規模保育事業みのり保育園開園
    富谷小学校・東向陽台小学校・明石台小学校放課後児童クラブ運営

校訓・クレド

校訓

『 光と愛 』

母親に代わって幼児の世話をする
保育者・幼児教育者は
幼児にとって太陽のような暖かい
「光」であることが必要であり、
また自然な母性「愛」、さらには自己犠牲的な「愛」が求められることになります。

クレド

教職員の行動指針 - 仙台幼児クレド -

  • 子どもたちの成長と幸せを第一に思う学生の育成を通じて、明るい未来に貢献します
  • 学生の可能性を引き出し、現場に即した実践的な教育技術と自立を促す人間教育を大切にします
  • 仙台幼児保育専門学校の教職員であることを誇りに思い、社会が求める人材を育成するため、常に挑戦し続けます

※クレドとは、ラテン語で「志」「信条」「約束」を意味する言葉

理想とする卒業生像

仙台幼児が理想とする卒業生像

「自信と自立」を兼ね備えた
子どもを笑顔にする技術を持った保育者・幼児教育者

教育目標

子どもにかかわる総合学園
としての充実した環境

子どもにかかわる総合学園

保育・幼児教育分野に特化した学校法人として新たな挑戦をスタート。

0~12歳の子どもにかかわる施設を運営。これらの年齢に携わる保育者・幼児教育者を養成する学校として、また多様化する家族環境や社会情勢に対応し、子どもたちの未来を支える場として、仙台幼児保育専門学校はさらなる進化をとげました。

校舎内施設

保育・幼児教育分野に特化し学生の自主性を育て、保育技術習得のために必要なあらゆる施設を完備。

仙台幼児の校舎は1~3号館まであります。全ての教室にピアノが設置されていて、始業前、休み時間、放課後といつでも誰でもピアノに触れ、練習することができます。他にも、美術室や実習室など、保育の勉強に欠かせない施設が充実しています!

仙台幼児保育専門学校は
職業実践専門課程に
認定されました

「職業実践専門課程」の認定について

文部科学省では平成26年度から、専門学校のうち、企業等と密接に連携して、最新の実務の知識・技術・技能を身につける実践的な職業教育に取り組む学科を「職業実践専門課程」として認定しております。
本校では、保育者を養成する実践的な職業教育を実施するために自己評価を行うとともに、幼稚園や保育所等の園長や学識経験者等が参画する教育課程編成委員会及び学校関係者評価委員会を開催し、幅広い提言や意見を学校運営や教育活動の改善等に反映させてまいりました。また、学生の校外実習の改善と充実に努め、教員の資質及び教育力の向上を目指した校内研修会等を実施しております。
このたび、本校のこのような教育実績が文部科学大臣に認められ、平成29年度から「職業実践専門課程」認定校となりました。今後とも企業等との連携を強化し、「自信と自立を兼ね備え、子どもを笑顔にする技術を持った保育者の育成」を目指す実践的な職業教育を実施してまいります。